薬局お茶の水ファーマシーでご購入できる医薬品をご紹介致します。患者さんの状態やご希望に合わせて薬剤師が最適な医薬品を提案致します。薬物乱用を防止するため、大量購入等のご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。なお、販売はH31年2月1日から開始です。

こちらで掲載していない医薬品も取り扱いできる場合がございますので、薬局お茶の水ファーマシーの薬剤師までご相談ください。

解熱鎮痛薬

ロキソプロフェンナトリウム錠60mg「トーワ」・・・ロキソニンで有名な解熱鎮痛剤です。急な発熱、喉の痛み、腰の痛みによく処方されています。

カロナール錠300mg・・・ロキソニンより体に優しいため、基本的にはこちらを使っていただいたほうが好ましいです。

抗アレルギー薬

フェキソフェナジン60mg「トーワ」・・・アレグラで有名な眠くなりにくい抗アレルギー薬です。鼻水が出るタイプの風邪の症状緩和、花粉症時に使用します。

エピナスチン20mg「トーワ」・・・アレジオンで有名な1日1回タイプの抗アレルギー薬です。フェキソフェナジンより眠くなりますが、飲む回数が少ない、費用が安いとコストパフォーマンスが良い成分です。

オロパタジン「トーワ」・・・アレロックで有名で、眠気が比較的出やすい成分です。眠気が出ない方だと効果の割に費用が安く済みます。この薬で抑えられなければ耳鼻咽喉科の先生と相談することをおすすめ致します。

※比較的新しい抗アレルギー薬(ザイザル、デザレックス、ビラノア、ルパフィン等)は平成31年1月現在では処方せんなしで販売することはできません。

鼻炎に使うスプレー

フルチカゾン点鼻液・・・鼻がつまってどうしようもないとき、花粉症シーズンのときに使います。1日2回の使用でかなりスッキリできます。

漢方薬

ツムラ葛根湯・・・風邪のひきはじめに使います。お湯に溶いて飲むことで、葛根湯にある身体を温める効果をさらに引き出せます。今日は風邪かも、と思ったその夜にお湯に溶いてゆっくり飲む方法がおすすめです。漢方全般に言えることですが、はちみつと混ぜても薬効は変わらないので、味が苦手な方は試してみてください。

ツムラ麻黄湯・・・インフルエンザ様の症状に使います。寒気、筋肉痛、節々の痛みといった症状がシーズン中に出た場合、すぐに服用し、休養を取りましょう。インフルエンザは麻黄湯とカロナール、経口補水液(OS-1等)で自然に治癒します。

ツムラ五苓散・・・二日酔い、食あたりに使います。胃の中にとりあえず入っていれば効果が出ますので、吐きすぎて胃が動いていないという方も、とにかく服用することで症状緩和が期待できます。宴会の前に五苓散をいつもより多めの水で服用するとよいでしょう。

ツムラ芍薬甘草湯・・・足の攣り(こむら返り)に昔から使われています。甘草が含まれているので、使用している間はむくみに注意します。

胃腸薬

ファモチジン20mg・・・ガスター10で有名な薬の成分量が多いタイプです。1日2回の服用で胃酸の分泌を抑え、胃腸をケアします。脂っこい料理を食べるような機会、宴会シーズンの胃腸をいたわることができます。

ミヤBM錠・・・乳酸菌製剤の中では使いやすい部類です。抗生剤を飲んでいても大丈夫なことがほとんどですので、日常的に使うことができます。

ガスコン・・・お腹のガスを消す作用をもつジメチコンという成分が含まれています。お腹が張って苦しいときは、ガスコンで様子を見ると良いでしょう。

ロペラミド・・・お腹がゴロゴロしたときに頓服で使う薬です。下痢を止めることができますが、どうしても苦しくてたまらないときにしか使わないようにしましょう。

ドンペリドン・・・吐き気を抑えるお薬です。頓服で使用します。

経口補水につかう薬

OS−1・・・とても有名な経口補水です。医薬品ではありませんが、効果はほぼ医薬品といっても過言ではないので、こちらのページでご紹介しました。体調が悪いとき、OS-1を飲んでしょっぱくなければ、ほぼ間違いなく脱水なので、しっかり補水して脱水症状から抜け出しましょう。風邪で汗をたくさんかいてしまうときにも使い、体力の温存を図ることができます。

ソリタT配合顆粒3号・・・病院で使う点滴の顆粒版です。1包100mlで薄めて使います。のどが渇いているときに大人は数回使って補水します。持ち運びと備蓄性がよいため、いざというときにお薬箱に入れておくことをおすすめします。

お肌のトラブルに使う薬

トラネキサム酸500mg「YD」・・・トランシーノで有名なシミ(肝斑) の軽減に使われる薬です。両頬に左右対称にシミができている場合は肝斑なことが多いです。30代、40代の女性は肝斑ができやすい時期ですが、50代くらいから肝斑が消失や薄くなってきます。

シナール配合錠・・・ビタミンCとパントテン酸カルシウムが配合されている薬です。サプリメントレベルですが、常にビタミンは必要なので、基礎的なケアとしておすすめ致します。

ヘパリン類似物質軟膏・・・ヒルドイドソフト軟膏で有名ですね。保湿を第一に優先する場合は軟膏タイプを迷わず使いましょう。

ヘパリン類似物質泡スプレー・・・泡スプレータイプの保湿剤です。化粧品で有名なポーラが製造しています。軟膏やクリームのようにベトつかず、ローションのように液垂れしないため、手早く塗ることができます。

 

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。

下記のリストは処方せんがないと交付できないカテゴリのお薬の一例です。ご参考ください。