薬局お茶の水ファーマシーでは地域の皆さまに「処方せん以外の医療用医薬品」のご相談サービス(零売)を行っております。零売とは、処方せんを必要とせずに、病院でも扱っている医薬品を薬剤師が対面して販売できる制度です。取り扱いできる医薬品については、下記リンクをご参照ください。

患者さんの状態やご希望に合わせて薬剤師が最適な医薬品を提案致します。薬物乱用を防止するため、大量購入等のご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。掲載していない医薬品も取り扱いできる場合がございますので、薬局お茶の水ファーマシーの薬剤師までご相談ください。

平成31年4月10日より、零売の法人向けサービスを開始しました。 → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/2374

・風邪かなと思ったときは → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1513
・鼻水・鼻づまりでお困りの方 → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1523
・喉が痛い時には → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1594
・咳でお困りの方 → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1723
・胃腸炎でつらいときには → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1601
・花粉症でお困りの方は → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1641
・薬局でも湿布をいろいろ扱っています → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1653
・皮膚科で扱う塗り薬も一部薬局で扱っています。 → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1731
・いろんな目薬も薬局で取り扱っています → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1795
・二日酔いになりやすい方へ → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1808
・販売できない医薬品について → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1617

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。

下記のリストは処方せんがないと交付できないカテゴリのお薬の一例です。ご参考ください。