質問箱サービスを始めました


薬局お茶の水ファーマシーでは、よりインタラクティブに患者さんと接することできるよう、新しく「質問箱(pering)」というサービスを始めました。twitterと連携しています。

「質問箱(pering)」とは、匿名で質問することができるサービスです。当薬局の薬剤師が質問に回答いたします。通常業務と並行してサービスを行っているため、回答が遅れてしまうことがございますが、予めご了承ください。お急ぎでお薬が必要な方は直接お電話(03-5577-7646)までお気軽にお問い合わせください。

薬局お茶の水ファーマシーの質問箱はこちらから

https://peing.net/ja/ochanomizu_pha

ご質問ガイドラインについてはこちらから

https://薬局お茶の水.jp/archives/1559

相談に乗る範囲としまして、

・お薬のこと

・サプリメント、化粧品、洗剤

・質問への回答にお薬が関与すること

上記以外のご質問に関しては、回答しかねることがございます。予めご了承ください。

 

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日)

・16時00分~20時00分(水曜日のみ)

※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分

・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分

とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。

・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応

・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応

・花粉症の対応

・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状

・乾燥肌、皮膚のトラブル

・各種サプリメントや化粧品の相談

・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_pha

・医療機関と連携した受診勧奨

以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。


<Pharmacy Tips !>
#頓服は気持ち多めのお水で
発熱時の解熱鎮痛剤のように、すぐに効いてほしいお薬は気持ち多めのお水で服用しましょう。胃腸管に接触するお薬の表面積が大きくなるために吸収が促進されます。ぬるま湯だと更に速く効きます。