のどが痛い時には


乾燥しやすいシーズンではのどが痛くなることが多いです。風邪の初期症状としてのどが痛くなる方もいらっしゃいます。今回は薬局でご用意できる、のどが痛い時に提案できるお薬をご紹介いたします。

 

桔梗湯

とてもお勧めできる漢方薬です。飲むというより、長く薬液をのどに接触させるように使うことで効果を発揮します。使い方としては、お湯に溶いてゆっくり飲むか、冷ましてからうがいしてそのまま吐き出します。とてもおいしい漢方でもあるので、漢方の味が苦手な方にもお勧めできます。ただ、急な高熱とのどの痛みの場合は、溶連菌の場合があります。のどに違和感がある程度なら桔梗湯、38.5℃を超える高熱なら耳鼻咽喉科で見てもらいましょう。溶連菌の場合は抗生剤で治療が必要です。

 

カルボシステイン

ムコダインで有名な痰切りのお薬です。のどの粘膜の修復にも使われます。風邪の症状によく処方されるため、飲んだことがない人が逆に少ないお薬かもしれません。

アズレンうがい薬

のどの炎症を抑える効果があります。消毒薬ではないので、風邪の予防というより、のどが痛いという症状に対して使われます。なお、イソジンも同じような感じで使われているかと思いますが、風邪の予防で使うのなら、水道水でうがいしたほうが経済的です。塩素が入っているので、殺菌効果が期待できます。

ロキソニン

解熱鎮痛剤として使われますが、抗炎症作用もあります。のどの痛み、炎症には使い勝手がよいです。ちなみに、同じ痛み止めでも。カロナールは抗炎症成分ではないので、痛みはとるけど腫れはひかないです。のどの腫れであればロキソニンを使うことをお勧めしています。

トラネキサム酸

のどの炎症、腫れによく処方されます。ロキソニンを使うまでもないときはトラネキサム酸で十分です。併用しても問題ありません。

トローチ剤

病院でよく処方されるあのトローチです。のどの殺菌に使います。デカニウムという陽イオン界面活性剤が入っており、細菌や真菌のたんぱく質を壊して殺菌するという作用機序を持ちます。消毒薬の部類です。ウイルスには効かないので、インフルエンザの予防にはならないです。なお、ガムでおなかが緩くなりやすい人は一日6粒くらいを限度にしましょう。

 

他にもありますが、有名どころをご紹介いたしました。

次回は胃腸炎っぽいときにご提案できるお薬を紹介したいと思います。

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日)

・16時00分~20時00分(水曜日のみ)

※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分

・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分

とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。

・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応

・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応

・花粉症の対応

・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状

・乾燥肌、皮膚のトラブル

・各種サプリメントや化粧品の相談

・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_ph

・医療機関と連携した受診勧奨

以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。

<Pharmacy Tips !> #飲食店や職場の全面禁煙で血圧が低下 バーやレストラン、職場など多くの人が集まる場所を全面禁煙とする「スモークフリー政策」が導入された地域の非喫煙者では、そうでない地域の非喫煙者と比べて収縮期血圧(SBP)値の低下が認められたことが報告されています。 J Am Heart Assoc(2018年11月21日オンライン版)