胃腸炎でつらい時には

Pocket

 

寒い季節はおいしいものが多い反面、胃腸炎が増えてくる季節でもあります。胃腸炎の場合は、基本的に症状が治まるまで対症療法に努めます。頑張って病院に行っても、すぐに治ることがないのが、胃腸炎の憎いところです。今回は、そんな胃腸炎でピンチな時にお役立ちするお薬のご紹介を致します。

OS-1(経口補水液)

いきなり薬ではないのですが、ほぼお薬のような効果があるので、一番最初に紹介させていただきます。OS-1(経口補水液)は飲む点滴として、所ジョージさんがよくCMで宣伝している飲み物です。胃腸炎、嘔吐、下痢、熱中症、二日酔い等、脱水の症状を是正するために使われるステキな飲み物です。のどが渇いていないとき(脱水していないとき)はすっぱくて飲みづらいです。しかし、ゴクゴクと飲めてしまうと、脱水していることが大半なので、そのままゴクゴク飲みましょう。吐いてしまって飲む気力がない方は、一口ずつでいいので、ゆっくり摂取することをお勧めいたします。自分で作ることもできます。経口補水液は、水1リットルに対して食塩3g、砂糖40gで作れます。食卓レモンをお好みで加えるとさっぱり飲めます。  

ソリタT配合顆粒2号

粉タイプのOS-1と考えてもらっていいです。WGO(世界消化器病学機構)が推奨するイオンバランスに近く、OS-1同様に酸っぱいです。一袋100mlに溶かして飲みます。大人の方は一日数回、脱水している状態で使います。持ち運びが便利、備蓄に場所をとらない点にメリットがあります。日ごろから2本ほどストックしておくか、ソリタT配合顆粒2号を10包ほどストックしておくとよいでしょう。繰り返しになりますが、経口補水液は家庭でも大量生産できますので、一度作ってみてください。  

五苓散

胃腸炎のほか、二日酔い、吐気、下痢、脱水によく使われる漢方薬です。家庭の薬箱に置いておくべき薬No.1といっても過言ではないレベルで優秀な漢方薬です。味も苦くなく、とても飲みやすい部類です。とにかく胃の中に入っていれば効いてくれます。めまいや頭痛といった症状にも使われることがあります。黄連解毒湯とよく比較されるのですが、五苓散は熱っぽくなければ使う、黄連解毒湯は熱っぽくもあれば使う、という形で分けて説明させていただいています。

ファモチジン

胃が荒れているときに病院でも処方されることがある、ガスター10で有名な胃薬です。病院で処方されるPPIという系統の胃薬より早く効果が出ます。胃酸の分泌を抑えますので、症状緩和に役立ちます。脂っこい食べ物は胃酸分泌が増えるので、胸やけを抑えるためにファモチジンはよくつかわれています。

 

吐いてのどが痛い時、ファモチジンで胃酸の分泌を抑えて自然治癒するまで様子を見ましょう。 胃腸炎の場合はとにかく経口補水液と五苓散を用意すれば、やりすごせます。2週間以上続くようであれば、消化器内科を受診することをお勧めいたします。

 

 

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日) ・16時00分~20時00分(水曜日のみ) ※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分 ・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分 とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。 ・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応 ・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応 ・花粉症の対応 ・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状 ・乾燥肌、皮膚のトラブル ・各種サプリメントや化粧品の相談 ・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_ph ・医療機関と連携した受診勧奨 以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。

<Pharmacy Tips !> #エナジードリンクの摂り過ぎがもたらす影響 健康に問題のない若者34人を対象とした二重盲検クロスオーバー試験の結果、短時間にエナジードリンク約1000mlを摂取した後に心機能異常や血圧の上昇が見られたことが報告されています。 J Am Heart Assoc(2019; 8: e011318)