ビタミンCはサプリメントでとるほうがいいの?


ビタミンCを普段から意識して摂取されている方が窓口にいらして、タイトルのようなご相談をうけることがあります。知名度が高い栄養素で、皆さまも「レモン○○個分が入っています!」といった商品を利用された方も多いと思います。今回は、ビタミンCはサプリメントでとる方がいいのかどうか、お薬との飲み合わせなどについて解説します。

飲まなくても現代人はほぼ一日摂取量を満たしている

いきなりですが、平成29年度の国民健康・栄養調査で、通常の食品から、男性で平均90 mg/日、女性で平均97 mg/日摂取しています。一日に必要な量はビタミンCは100mg/日と言われていますが、この数値にもカラクリがあります。海外で抗酸化作用として有用な濃度として75mg/日とされていますが、それに対して、日本では、推奨量算定係数1.2倍をかけて90mg/日にしています(そうすればだいたいの人が基準内に入るみたいです)。ちょうど体内のビタミンC飽和濃度が100mgぐらいなので、実際は一日摂取量は100mg/日にされています。

ビタミンCが病気の治療効果を向上するかどうか決着がついていない

少なくとも、サプリメントでビタミンCを服用する分には、血中濃度がさほど上がらない(頭打ちになる)ので、尿に流れてしまいます。サプリメントとして服用することで、病気を予防したり、治療効果が向上するわけではありません。ビタミンCが足りない日にサプリメントとして使う程度で充分でしょう。注意すべき点として、尿検査のときに検査結果に影響するため、検査日の2,3日前からビタミンCのサプリメントでの服用は控えましょう。食事や果物でとる分には問題ない量ですので、いつも通りでかまいません。

他のお薬と使っても大丈夫なのか

利尿剤や緑内障で使われるダイアモックス(アセタゾラミド)は、大量のビタミンC(2,000mg/日ぐらい)で尿中シュウ酸濃度があがりやすくなりますが、尿結石になるような結論がまだ出ていません。普通のビタミンCのサプリを使う程度では特に問題は起きません。参考までにビタミンCのサプリを出している大手メーカーはほとんどが一日1,000mgで出しています。

→ https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0022/G0000634/0066

女性の方でプレマリンを飲んでいる人は、ビタミンCのサプリメントをとることで血中プレマリン濃度が高くなることがあります。女性の場合はビタミンCは一日75mgあたりでも十分で、食事からとることができます。プレマリンとビタミンCの併用については、副作用のモニタリングを、主治医の先生、かかりつけ薬剤師の先生とご相談ください。

結局ビタミンCはサプリメントでとったほうがいいの?

健常人は食事から、一日推奨量を満たしているため、不摂生なときにサプリメントとして使う分には問題ないです。飲んでいたほうが調子がいい方もいらっしゃいますので、一日1,000mgを超えない範囲で飲んでいただいてもかまいません。たくさん摂取したからといって健康が増進するわけではないことに注意が必要です。なお、医療機関での検査結果に影響を与えてしまうことがあるので、飲んでいる習慣がある方は、2~3日前から服用を控えるようにしましょう。その期間、ビタミンCのサプリメントを摂取しなくても特に問題は起きません。

ビタミンCで風邪の予防になるの?

ビタミンCは風邪の予防になるかどうか、確定的なことは言えません。ほぼ確定しているのは、風邪をひいたときにビタミンCを摂取しても風邪は早く治らないことくらいです。 なので、薬局お茶の水ファーマシーとしては、風邪っぽいと思ったら、

・休養をとる(よく寝る)
・早めの葛根湯か麻黄湯
・38.5℃を超えたらカロナール(成分名:アセトアミノフェン)
・水分補給

風邪になりにくい習慣も大事ですが、風邪をひいたときにサポートできるのが薬局です。風邪かもと思ったときは是非ご利用ください。  

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日)
・16時00分~20時00分(水曜日のみ) ※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分
・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分

とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。

・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応
・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応 ・花粉症の対応
・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状
・乾燥肌、皮膚のトラブル
・各種サプリメントや化粧品の相談
・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_ph
・医療機関と連携した受診勧奨

以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。

<Pharmacy Tips !> #飲食店や職場の全面禁煙で血圧が低下 バーやレストラン、職場など多くの人が集まる場所を全面禁煙とする「スモークフリー政策」が導入された地域の非喫煙者では、そうでない地域の非喫煙者と比べて収縮期血圧(SBP)値の低下が認められたことが報告されています。 J Am Heart Assoc(2018年11月21日オンライン版)