お薬手帳の使い方について

Pocket

薬局で「お薬手帳をお持ちですか?」と某ポイントカードっぽく言われた経験はありませんか?某ポイントカードと比較するわけではありませんが、お薬手帳の持参をなぜ医療機関で確認しているか、なぜ必要なのかを今回は解説したいと思います。

医療関係者に服用歴を正確に伝えることができる

一番のメリットは正確な薬の服用歴を医療関係者に伝えることができることです。「あの薬、よかったから今度も使いたい」「あれ、合わなかったんだよね」というような情報だと誤認することがありますので、実際に医療機関で交付された薬の記録があれば、スムーズに診察や調剤を受けることができます。同じ記録だけだと、「昔の記録のままでもいいよね?」というご相談もありますが、服用間隔もチェックしております。お薬の過不足や服用の規則性がわかり、医療の現場で調整がしやすいため、同じ記録であっても、お薬手帳を窓口に提出して記録してもらってください。なお、お薬の内容が変わった場合は、どうして変わったのかを記入しておくと、医療関係者はとてもスムーズに対応することができます。

副作用・アレルギー歴はとても大事

お薬手帳の一番最初のページには、たいてい副作用やアレルギーを記録する欄があります。主治医の先生や、かかりつけ薬剤師の先生にもお話しされているので大丈夫という方もいらっしゃいますが、いつもと違う医療機関に受診する場合は、あらかじめ副作用歴とアレルギー歴を記録しておくとスムーズになります。「あのピンクの薬が合わなかったんだよ~」と言っても、医療関係者はいろんなピンクの薬を想像して、結局わからないこともあります。副作用を記入するとき、どんな副作用が、いつごろ起きたかを記録しておくとより盤石になります。

聞きたい事をメモしておこう

ただ医療関係者がシールを貼るだけで終わっていることが多いお薬手帳ですが、もちろん患者さんが書き込んでいただいて構わないです。お互いの認識が共有できる点で大歓迎です。お手軽な使い方としては、病院で測った血圧の検査紙をそのまま貼り付けることです。また、血液検査の紙をもらったとき、検査異常値だけでも書き込んでおくとスムーズになります。

還元率(?)も某カードより高い

還元率という表現があっているかどうかはご容赦いただきたいですが、普通に薬局でお薬をもらっている分には(自己負担3割の方で)、還元率は0.5%を超えます。薬局のお会計で8,000円を超えることはお薬自体の値段が高い場合を除いて、ほぼありませんので、だいたい0.5%を超えてきます。ここでいう還元率は、お薬手帳を持ってこなかった場合に比べて、患者さんに還元される割合という表現をしてます。※実際は設定されてる調剤報酬の点数表に基づいて、点数が設定されているだけなので、還元しているわけではないです。積もれば医療費削減も大きくなりますので、ご協力ください。

お薬手帳にはいろんな種類がある

紙製の手帳だけではなく、カードタイプや、アプリもあります。アプリタイプの場合は、お薬手帳の情報が記録されたQRコードを発行しますので、アプリで読み取ると自動的にデータが記録されます。これからは徐々にアプリが主流になってくるかもしれません。災害時など電気の供給が限られている場合は紙媒体も使いやすいです。アプリはいろんな薬局さんや会社が出していますが、基本的にどこのアプリでも使えます。QRコードに対応していない薬局の場合(紙媒体でお薬情報を管理されている薬局)の場合のみ、アプリをご利用の方は手で入力する必要があるかもしれません。薬局お茶の水ファーマシーはQRコードの発行ができますので、アプリでご利用されている方、利用しようと考えている方は薬剤師までお声がけください。  

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日)
・16時00分~20時00分(水曜日のみ) ※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分
・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分

とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。

・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応
・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応 ・花粉症の対応
・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状
・乾燥肌、皮膚のトラブル
・各種サプリメントや化粧品の相談
・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_ph
・医療機関と連携した受診勧奨

以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。この販売形式を「零売」といいます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。  


<Pharmacy Tips !>
#頓服は気持ち多めのお水で
発熱時の解熱鎮痛剤のように、すぐに効いてほしいお薬は気持ち多めのお水で服用しましょう。胃腸管に接触するお薬の表面積が大きくなるために吸収が促進されます。ぬるま湯だと更に速く効きます。