皮膚科で扱う塗り薬も一部薬局で扱っています。


この時期はとても乾燥しますので、唇からかかとまで、乾燥肌でお困りの方もいらっしゃると思います。薬局お茶の水ファーマシーでは、乾燥肌から身近な皮膚のトラブルによく使われる塗り薬のご提案ができる薬局です。今回は皮膚科でよく処方される塗り薬の解説をしたいと思います。乾燥肌、手湿疹、水虫、虫刺され、脂漏性湿疹といった症状は薬局でも初期対応ができます。ただ、身近なお肌のトラブルであるニキビに関しては、皮膚科で処方された塗り薬の方がはるかに治りが早いため、ニキビでお困りの方は皮膚科に行った方が早いです。薬局で販売できるニキビにいいアイテムは洗顔や基礎的な消毒というレベルで、ニキビで困っている人向けというより、ニキビを予防するために使いたい人向けです。ニキビばかり話してもなので、塗り薬の紹介に移ります。

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)

皮膚科の処方で乾燥肌といえば、ヒルドイドが代表的です。ローション、軟膏、クリーム、スプレー、泡タイプと多岐にわたる製剤があるので、症状に合わせて使用します。美容目的で皮膚科の先生に処方をもらって問題になっている塗り薬でもあります。ヘパリン類似物質の成分自体が保水力があり、乾燥している肌にうるおいをもたらします。他にも赤くなってしまった小さな傷にも使われます。CMで「アットノン」を見たことがあるかと思いますが、アットノンは乾燥肌というより、傷の後処理として使われています。傷のケアとして使う場合は4週間じっくり使って、肌のターンオーバーを待ちます。薬局お茶の水ファーマシーでもご提案できる塗り薬です。ちなみに、美容目的で使うのは自費でやる分には自由だと思いますが、完全な解決方法というわけではありません。また、乾燥肌の原因はシャンプー、ボディソープの洗浄力が強かったり、シャンプー、ボディソープをよくすすいでいないために脱脂されて荒れてしまうことが多かったりします。余談ですが、ベビーシャンプーなどのアミノ酸系シャンプーと普通のシャンプーは洗浄力に関してはほとんど変わりません。使用感や泡立ちが違うだけで、シャンプーの機能としてはアミノ酸系酸シャンプーを使い、よくすすげばお肌のトラブルを予防しやすいです。

尿素クリーム

足のかかとや肘、膝の角質肥厚に使います。イメージとしてはふやかして徐々に肥厚を落とすといった感じです。10%と20%の製剤があります。ドラッグストアでもネットでも買えます。ガサガサになって厚くなっているところに使うのが尿素クリームです。刺激性があるので、皮膚の薄い顔に塗ることはやめてください。塗る部位は踵、くるぶし、指、ひざがメインです。保湿剤と間違えやすいですが、角質ケアもし過ぎるとかえって角質が少なくなってご自身の肌の保湿力を落としてしまうので注意しましょう。

リンデロンVG

リンデロンVGはステロイドと抗菌剤が入った塗り薬で、軟膏、クリーム、ローションの製剤があります。虫刺されで赤く膨れているところに使うとあの不快感が早くとれます。虫刺されで皮膚科に行ったら高頻度でリンデロンVGが処方されるため、知名度はまずますあると思います。虫刺されであれば基本的に軟膏で十分対処できます。家庭の薬箱で眠っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。強い部類のステロイドのため、頻用するものではありません。虫刺され程度の使用であれば問題ないです。 ※各種ステロイド含有製剤については、患者さんごとにお話しを聞いてからご提案させていただいております。ステロイドの強さ、使用箇所の皮膚の吸収率、使用頻度によって使い分けが多岐にわたるためです。また、皮膚科の先生の診断が必要と判断した場合は受診勧奨させていただきます。

ジフェンヒドラミン

虫刺されではないけどなんか痒い、乾燥による痒みによく使われています。軽い虫刺されにも使われます。成分的にはドラッグストアでもネットでも買えます。ステロイドではないので、デリケートゾーンのかゆみにも使われます。有名どころは「デリケア」です。デリケートゾーンのかゆみの場合は、真菌が原因の場合と、汗や下着の擦れといった真菌以外の原因が考えられます。なお、抗真菌作用のある軟膏として、薬局お茶の水ファーマシーでは「エンペシド」「アスタット」「ラミシール」「ニゾラール」のご提案ができます。ドラッグストアでは「ラミシール」が抗真菌作用のある塗り薬として販売されています。梅雨が始まる前に水虫の塗り薬のご紹介をしたいと思います。

アシクロビル

口唇ヘルペスになったことがある人にはよく処方されます。再発することがよくあるので、お世話になっている方もたくさんいらっしゃいます。ドラッグストアでは「アクチビア軟膏 2G」として販売されていますが、薬剤師がいないと買えません。唇のあたりがピリピリ、チクチクする場合に塗ります。

白色ワセリン

純度が高いものは「プロペト」という名前で流通しています。代表的な保湿剤です。白色ワセリンはドラッグストアでもどこでも見かけます。化粧水や乳液で水分を補給したあとに白色ワセリンで保湿すると乾燥を抑えることができます。寝る前にしわが気になる所や唇に塗っておくと効果的です。なお、お化粧のノリが悪くなるため、朝起きたら洗顔して、ふき取ってから化粧をしてください。べとつくことが難点ですが、乾燥にはとても使えます。

 

簡単ではありますが、皮膚のトラブルに使われやすいお薬の解説でした。お肌を健やかに保つ秘訣はよくすすぐ、そして保湿です。薬局お茶の水ファーマシーでは、お肌のお悩みにも気軽に相談できる窓口として「質問箱」サービスを導入しています。気になることがございましたら、お気軽に質問箱までどうぞ。

「質問箱」サービスについて → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1545

 

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日)
・16時00分~20時00分(水曜日のみ) ※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分
・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分

とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。

・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応
・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応 ・花粉症の対応
・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状
・乾燥肌、皮膚のトラブル
・各種サプリメントや化粧品の相談
・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_ph
・医療機関と連携した受診勧奨

以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。この販売形式を「零売」といいます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。    


<Pharmacy Tips !>
#乳製品とお薬の関係
乳製品はカルシウム、マグネシウムが含まれており、一部のお薬は効果が弱くなることがあります。2時間あけるか、服用タイミングを医師、薬剤師に相談してください。