いろんな目薬も薬局で取り扱っています


目がかゆくて仕方がない花粉症シーズンもそろそろ近づいてきました。耳鼻科や眼科の先生の処方をもって花粉症のお薬として点眼薬をお求めになる患者さんもそろそろ多くなってきました。乾燥もひどくて、ドライアイになってしまいやすいシーズンでもあります。今回は、薬局お茶の水ファーマシーでご提案することができる点眼薬についてご紹介いたします。目が痒くてつらい、でもこの時期からは病院はとても混んでいる。。。そんな方にぜひご利用いただきたいです。

パタノール点眼液

花粉症の薬で有名な「アレロック」(成分名:オロパタジン)が入った点眼薬です。花粉症の方で目がかゆい人はよく処方されます。内服のアレロックは眠気が強いのですが、点眼タイプであるパタノール点眼液はほとんど眠気がないです。注意点として、ベンザルコニウムという保存料が入っているため、ワンデイ以外のソフトコンタクトレンズと相性が悪いです。該当するタイプのソフトコンタクトレンズを使っている方はベンザルコニウムが入っていないタイプの「アレジオン点眼液」を使うとよいでしょう。  

アレジオン点眼液

こちらも花粉症の薬で有名な「アレジオン」(成分名:エピナスチン)が入った点眼薬です。パタノールより効き目が良いとされていますが、パタノールより値段が高いです。コンタクトを付けたままでも点眼できます。パタノールとアレジオンは「処方せん」か「零売」でしか現状は手に入りません。

ザジテン点眼液

ドラッグストアでも売っていますし、薬局でも販売できます。処方せんで交付されることもあります。ベンザルコニウムが入っているため、パタノール点眼液同様に、ソフトコンタクトレンズを使っている人は注意が必要です。なお、ドラッグストアで売っているタイプで即効性があるのはザジテン(ケトチフェン)くらいでしょうか。花粉症に使う場合はパタノールかアレジオンで十分対応できます。

サンコバ点眼液

疲れ目、眼精疲労に使います。ビタミンB12が入っており、目をよく使っている人だと目の栄養補給にいいです。ドラッグストアでも、薬局でも、病院でも手に入ります。ピンク色をしているのはビタミンB12が入っているからです。水溶性なので、洗濯すればしっかり落ちます。

ミオピン点眼液

目のピント調節を改善して、眼精疲労に効果のある点眼薬です。緑内障で手術をしていない人は使用に注意が必要です。仕事しすぎて目の奥が痛い、そんな時に使います。原因はディスプレイの見過ぎ、スマホの使い過ぎ、睡眠不足であることが多いので、眼精疲労に使う点眼薬は一時的な使用にとどめて、適度なリフレッシュや睡眠もとるようにしましょう。

ヒアレイン点眼液

眼科でよく処方されます。人工涙液タイプの点眼液と違い、目に傷が入っているとき(角結膜上皮障害)に、ケアするために使います。人工涙液は数分しか効果がないので、ドライアイにはヒアレインかムコスタ、ジクアスといった点眼薬を使います。3つの治療薬のうち、ジクアスは処方せんが必要な医薬品です。ヒアレインを1週間使っても症状が改善しない場合は眼科で専門治療をうけることをお勧めいたします。ちなみに、ドライアイは環境改善である程度予防できます。乾燥シーズンは加湿器を使うこと、エアコンの送風で乾燥するので、直撃しないところで仕事すること、喫煙しないこと(涙液層の安定性を損なう)に気を使いましょう。

簡単ではありますが、点眼薬のご紹介でした。薬局お茶の水ファーマシーでは、点眼薬のほか、花粉症で使う飲み薬もご提案できます。下記リンクを参照してください。

花粉症でお困りの方 → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1641    

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日)
・16時00分~20時00分(水曜日のみ) ※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分
・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分

とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。

・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応
・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応 ・花粉症の対応
・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状
・乾燥肌、皮膚のトラブル
・各種サプリメントや化粧品の相談
・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_ph
・医療機関と連携した受診勧奨

以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。この販売形式を「零売」といいます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。

お薬情報、日々更新!