「セルフメディケーション.com」に「急な咳を止めたいときのセルフメディケーション(頓用編)」をまとめました。


「セルフメディケーション.com」に「急な咳を止めたいときのセルフメディケーション(頓用編)」をまとめました。


咳き込んでしまって眠りづらい、日中の行動に支障が出てしまっている場合に、薬局でできるセルフメディケーションをご紹介します。以前「咳とセルフメディケーション」という形で一度咳についてご紹介しましたが、今回はどちらかというとどうしても止めたいといった場合に使う「頓用」としての咳止めについてご紹介します。 一般に、咳が出ているときは、異物を排出することができるので無理に止めず、マスクやハンカチを使ってやり過ごすことが望ましいです。厚生労働省も漫画「進撃の巨人」とコラボレーションして、正しい咳のエチケットについて啓発しています。→ https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/A2_5.pdf

一方で、どうしても咳き込んで辛い時や、夜眠るときに寝苦しいといった場合はそうも言っていられないこともあります。症状が緩和できずに体力を消耗してしまうと、仕事や学業のパフォーマンスを落としてしまうため、選択肢の一つとして知っていただけますと幸いです。なお、気管支喘息に関しては、耳鼻咽喉科に行ったほうが治りが早いです。喘息症状の場合はステロイドの吸入によって喘息症状を管理するのですが、薬局やドラッグストアではステロイドが入っている吸入剤を処方箋なしにはお渡しできないためです。

フスコデ配合錠

咳がひどいときの風邪で受信したときに処方されることがある咳止めです。1回2~3錠、1日3回までの範囲で使います。ジヒドロコデインリン酸塩とdl-メチルエフェドリン塩酸塩、クロルフェニラミンが入っています。ジヒドロコデインリン酸塩は咳中枢にはたらきかけて、咳を抑制することができます。dl-メチルエフェドリン塩酸塩は気管支を拡張して呼吸を楽にします。クロルフェニラミンはジヒドロコデインリン酸塩による便秘のなりやすさを抑えたり、鼻水を抑えたりすることができます。フスコデ配合錠を飲むと眠気が出ることがあります。3錠使うと、クロルフェニラミンでやや鎮静作用(眠気)が出やすいことはご留意いただきたいポイントです。手術をしていない緑内障の方や、前立腺肥大の方はクロルフェニラミン(抗ヒスタミン)やコデインが入っている医薬品の使用は控えたほうがよいので、フスコデ配合錠ではなく、メジコンやアスベリン、麦門冬湯の使用を検討します。

カフコデN配合錠

カフコデはフスコデと名前が似ていますが、入っている成分が異なります。ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、ジフェンヒドラミンサリチル酸塩、ジプロフィリン、アセトアミノフェン、ブロモバレリル尿素が入っています。ジフェンヒドラミンはフスコデに入っているクロルフェニラミンと同じく、抗ヒスタミン作用(鼻水を止める)があります。ジプロフィリンは気管支を拡張する作用がありますが、医薬品単体では使われないので、補助的に添加されているレベルです。ブロモバレリル尿素は鎮静作用がありますが、要するに眠くなるだけです。アセトアミノフェンは110mg入っており(1錠あたり)、カフコデは1回2錠使うため、解熱鎮痛で使う500~600mgの濃度ではないため、こちらも補助的なレベルです。ただし、解熱鎮痛としてアセトアミノフェン(市販薬としてはタイレノールやパブロンに含まれています)を使っている場合、1回合計量を600mgを超えない範囲で使用するため、注意が必要です。咳も出て、熱も出て、という場合はカフコデも使用を検討しますが、役割をわかりやすくするために、フスコデとアセトアミノフェンを使ったほうがいいです。

リン酸コデイン錠(リンコデ)

上記2つの咳止めより強いですが薬物乱用を防ぐために、フスコデで十分と考えられる場合はフスコデをご提案します。咳き込んで辛い場合の、薬局でご提案できる咳止めの切り札です。咳中枢に作用して、咳を抑えてくれますが、便秘や依存からの退薬症状として頭痛、吐き気、めまいといった症状も考えられるため、使い方が難しいお薬でもあります。喘息発作中の見た目からして辛い方には残念ながら使うことはできません。気道を小さくする作用があるため、かえって症状が悪化することがあります。気管支が炎症を起こしてステロイド吸入が必要と思われる方は特有の咳をしますので、そのような方は耳鼻咽喉科にて、専門治療を受けたほうがよいです。繰り返しになりますが、咳喘息の場合は耳鼻科を受診勧奨、風邪が悪化して咳が辛い場合に今回のお薬たちをご提案という感じになります。 なお、気管支喘息の症状について、小児科さんのHPではありますが、わかりやすい解説があるため、CAPSクリニックさんの記事をご紹介します。

気管支喘息について(CAPSクリニックさんHP) → https://www.caps-clinic.jp/zensoku
通常の咳についての当サイトの記事 → https://xn--dck2asn4d6d1d6b3a1gue.com/archives/50

この記事を書いた薬剤師

薬局お茶の水ファーマシー

代表取締役・管理薬剤師

片山 陸(かたやま りく) 「セルフメディケーション.com」

管理人 一言:風邪や胃腸炎、花粉症といった急性疾患は薬局でもケアできることを広めたい薬剤師です。

東京理科大学薬学部薬学科卒  

【薬局お茶の水ファーマシーについて】

薬局お茶の水ファーマシーは御茶ノ水・神保町で夜間土日も営業している薬局です。処方箋による調剤のほか、風邪や胃腸炎といった症状に合わせて薬剤師がお薬をご提案できます。夜間土日も営業していることから、神保町界隈のビジネスマンによくご利用いただいております。お医者さんのところに行く時間がない、病院が開いていなかったといった方には特にご利用していただきたい薬局です。

【通常営業時間】

・11時00分~20時00分(月、木、金、土、日)
・16時00分~20時00分(水曜日のみ) ※祝日、お盆休み、年末年始のお休みに関しては別途お知らせよりアナウンスいたします。

【アクセス】

・都営地下鉄・東京メトロ「神保町駅」A5出口より徒歩4分
・JR中央総武線各駅停車「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩7分

とってもおいしいうどんのお店「丸香」さんの向かい、白いタイルのビル(水野ビル)の3階に薬局お茶の水ファーマシーがあります。

【具体的な業務について】

薬局お茶の水ファーマシーはどの医療機関の処方箋も受け付けております。初めて来局される患者様は在庫をお調べいたしますので、03-5577-7646までお電話ください。薬剤師が在庫をお調べいたします。また、お医者さんのところに行く時間がない、休日でどこもやっていないという場合は当薬局の薬剤師が症状に合わせてお薬をご提案することができます。

・咳、鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛みといった風邪症状の対応
・筋肉痛、肩こり、足のつり(こむら返り)といった症状の対応 ・花粉症の対応
・二日酔い、食欲不振、胃炎といった症状
・乾燥肌、皮膚のトラブル
・各種サプリメントや化粧品の相談
・オンラインお薬相談 → https://peing.net/ja/ochanomizu_ph
・医療機関と連携した受診勧奨

以上が薬局お茶の水ファーマシーが対応できる具体的な業務内容です。ちょっと調子が悪い時、お気軽に薬剤師までご相談ください。ご利用者の方の健康をサポートする、というのが薬剤師の仕事です。

注意事項

薬局お茶の水ファーマシーで販売できるお薬は「一般用医薬品」のほか、厚生労働省が定める「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」がございます。通常、医療用医薬品は処方箋がないとお薬が交付されませんが、「処方せん医薬品以外の医療用医薬品」のカテゴリは薬剤師が対面し、患者記録・販売記録を管理し、必要最低限の量に限り販売ができます。この販売形式を「零売」といいます。神保町は土日で医療機関が休診しており、ドラッグストアにも薬剤師がいないことがあるため、地域医療への取り組みとして、上記のお薬の販売をしております。お求めの方は、当薬局の薬剤師までご相談ください。初回ご利用の方は法令で定められた簡単なアンケートにご協力ください。

お薬情報、日々更新!