【株式会社ホスピタリティ・ワン様】「かかりつけ企業薬剤師」に新しく連携していただける機関が増えました。


昨日に続き、「かかりつけ企業薬剤師」と連携いただける機関が増えました。薬局はちょっとした体調不良や花粉症、下痢といった初期症状の対応と処方せんに基づいた専門薬の調剤、その他薬物治療に関わる相談、指導をさせていただいております。勿論、精密検査が必要、処方薬でないと対応出来ないと判断される場合には、今まで通り適切な医療機関への受診を勧奨します。その中で、地域のつながり、専門性の橋渡しとして機能できるよう、周辺医療機関、企業との連携を構築中でございます。腰痛や頭痛のことなら接骨院、生活習慣のことなら栄養指導、生活習慣病の専門治療は病院、と少しずつそのネットワークを拡充しています。

この度、オーダーメイド型の訪問看護のリーディングカンパニーであるホスピタリティ・ワンの高丸 慶(たかまる けい)社長と連携し、訪問看護が必要な方への紹介と提案を行えるようになりました。

株式会社ホスピタリティ・ワン → https://hospitality-one.co.jp/

オーダーメイド型(保険外型)での訪問看護とは、公的な保険制度ではない民間の看護サービスです。保険制度と同じサービスはもちろん、年齢、病気の種類、ご利用時間、回数内容などの制約を殆ど受けずに、ご本人様やご家族様の自由な意思決定に基づいて、看護や介護のサービスをご利用頂けます。もちろん、東京都知事の指定、関東厚生局長の指定を受けてサービスを提供している地域密着型の訪問看護もされています。更に、ホスピタリティ・ワン社は専門の理学療法士スタッフが在籍しており、リハビリテーションのサービスも提供しています。保険外、保険型訪問看護サービスを共に提供している会社はまだ少なく、個人個人のニーズに合わせたサービスと医療を提案することが出来ます。

終末期・看取りのニーズに応える 「保険外サービス」の成功事例(事業構想さんの紹介記事より) → https://www.projectdesign.jp/201703/health-industry-of-regions/003481.php

保険医療と自費医療、それぞれのいいところを一人ひとりの利用者様に合わせて組み合わせることが、薬局お茶の水ファーマシーも得意としており、高丸社長のサービスとも相性良く提案することが出来ます。保険医療と自費医療は特に分けて考える必要はなく、考えるべきは今できるソリューションをしっかりお話した上で提案すること、満足していただけるよう努力することだと考えております。

引き続き、βテストのモニター企業様を先着20社で募集しております。詳しくは下記リンクまでご参照ください。

【先着20社】「かかりつけ企業薬剤師」のモニター企業様募集キャンペーンをはじめました。 → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/2412

 

お薬情報、日々更新!