「かかりつけ企業薬剤師」に連携・紹介先に腎臓内科医の森維久郎先生がジョインしてくれました。


「かかりつけ企業薬剤師」の連携・紹介先に腎臓内科医の森 維久郎(もり いくろう)先生がジョインしてくれました。

薬局はちょっとした体調不良や花粉症、下痢といった初期症状の対応と処方せんに基づいた専門薬の調剤、その他薬物治療に関わる相談、指導をさせていただいております。勿論、精密検査が必要、処方薬でないと対応出来ないと判断される場合には、今まで通り適切な医療機関への受診を勧奨します。その中で、地域のつながり、専門性の橋渡しとして機能できるよう、周辺医療機関、企業との連携を構築中でございます。腰痛や頭痛のことなら接骨院、生活習慣のことなら栄養指導、生活習慣病の専門治療は病院、と少しずつそのネットワークを拡充しています。

腎臓内科医の森先生は、『防げる透析を少しでも減らす』を理念に診察室の中にとどまらず、「腎臓内科.COM」という腎臓病と向き合う人、向き合おうとしている人への医療情報サイトを運営されています。意外性や斬新さがある情報ではなく、当たり前だけど本当に大切な情報を発信することをとても大事にしている先生で、医療情報を発信する医療従事者がしっかり事後対応をできるよう啓発もされており、薬局お茶の水ファーマシーもジョインしている「オンラインホスピタル.COM」というサイトも運営し、現役医療従事者が情報発信から事後対応までできる取り組みを行っていらっしゃいます。さらには、「CKDオンライン」というLINEボットを作成し、腎機能によって医薬品の濃度を調節するときの計算を、独自のプログラムでLINE上で自動応答されるシステムを運用されています。「お茶の水循環器内科」さんの非常勤医師を平成31年3月まで務められており、平成31年4月から戸田市の「ふくだ内科」さんに常勤として、赤羽の「東京北医療センター」さんに非常勤として勤務されています。

「腎臓内科.COM」 → https://xn--v6q559gj6ehpa.com/

「オンラインホスピタル.COM」 → http://online-hospital.com/

「ふくだ内科」 → https://fukudanaika.com/

「東京北医療センター」 → https://www.tokyokita-jadecom.jp/

腎臓に関する当たり前だけど大切なこと、そして最新情報まで発信する「腎臓内科.COM」は、薬局お茶の水ファーマシーでも患者さんと腎臓についてお話するときによく使うサイトです。食事療法や運動療法にも強いサイトで、腎臓が気になる方の玄関口に必ずご案内するほどです。

医療者が運営する健康カフェ「レシオール」で森先生が毎週金曜日に健康講座&相談をする機会を設けられています。医療×教育=予防をテーマに食事と運動を中心に「ふくだ内科」さんで取り組まれています。健康のことが気になる方、悪化を防ぎたい方、疾病予防、介護予防がしたい方などを対象にしており、薬局お茶の水ファーマシーでもご自宅が近くの方や、健康講座ににご興味がある方に提案させていただきます。

引き続き、薬局お茶の水ファーマシーでは「かかりつけ企業薬剤師」のβテストのモニター企業様を先着20社で募集しております。詳しくは下記リンクまでご参照ください。

【先着20社】「かかりつけ企業薬剤師」のモニター企業様募集キャンペーンをはじめました。 → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/2412
<Pharmacy Tips !> #コレステロールの薬の飲み忘れ 悪玉コレステロールを下げるスタチン系薬剤を規則正しく飲んでいる人は必ずしも多くなく、不規則に飲んでしまっていることで予防効果の減弱が報告されています。 Circulation 2015; 131: e389-e391