5月31日から6月6日まで、「禁煙週間」が始まります。

Pocket

令和元年5月31日(金)から令和元年6月6日(木)まで、「禁煙週間」が始まります。

禁煙週間 → https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000202210_00003.html

令和元年5月31日(金)は「世界禁煙デー」で、平成元年5月31日にWHOは喫煙しないことが一般的な社会習慣となることを目指した「たばこか健康かに関する活動計画」を開始しました。厚生労働省においても、平成4年から世界禁煙デーに始まる一週間を「禁煙週間」として定め、令和も引き続き「禁煙週間」として各種の施策に取り組んでいます。

今回の「禁煙週間」のイメージキャラクターは元SMAPの草なぎ剛さんです。薬局にもポスターが貼れるよう、手配中です。

薬局お茶の水ファーマシーでは、禁煙治療薬の処方薬の備蓄や、禁煙相談を承っております。卒煙に成功中の薬剤師も在籍しており、禁煙治療薬を使った禁煙体験もお話することが出来ます。喫煙は自分の健康を損なうだけではなく、受動喫煙による健康被害をもたらし、大切な家族や友人までもタバコの影響を受けてしまいます。健康寿命を延ばして、元気いっぱいに過ごすには、タバコをやめる環境づくりを社会で取り組まないといけません。薬局お茶の水ファーマシーは卒煙者として、薬剤師としてお話させていただき、禁煙へのサポートに貢献できるよう取り組んでおります。

今年のテーマは「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」です。

まだ2週間弱、「禁煙週間」まで時間があるのですが、前もってお知らせすることにしました。禁煙週間に突入する前に、禁煙外来を予約してみるのも良いスタートになるのではないでしょうか。

また、「禁煙週間」は毎日禁煙にまつわる記事を更新して、薬局お茶の水ファーマシーも受動喫煙のない社会に貢献したいと思います。

<Pharmacy Tips !> #抑え酒はダメだった 二日酔いの最中にアルコールを摂取しても、幸福感・満足感は改善されません。飲料が冷たいと頭痛が悪化するリスクもあることが報告されています。 Ugeskr Laeger.179(50):V69578,(2017) PMID:29260703