フッ化洗口液に使われる「ミラノール顆粒11%」を入荷致しました。

Pocket

溶かして使うタイプのフッ化洗口剤「ミラノール顆粒11%(1g)」を入荷致しました。薬局お茶の水ファーマシーのフッ化洗口剤のラインナップは「CHECK UPフッ化洗口液0.1%「ライオン」」と「ミラノール顆粒11%(1g)」の二つになりました。

※フッ化洗口液0.1%「ライオン」についてはこちらに詳しくまとめています。 → 虫歯予防に使うフッ化洗口液0.1%「ライオン」を入荷しました。

「ミラノール顆粒11%(1g)」は水200mlに溶かして、毎日1回10mlでうがいするタイプのフッ化洗口剤です。こちらは毎日の習慣にしたい方にご利用いただきたい薬剤です。注意事項として、ミラノール顆粒は劇薬扱いのため、初回には簡単なアンケートと署名が必要です。

二つのラインナップの使い分けとして、

・ライオンさんの洗口液は週2回の使用で問題なく、事前に溶かされているので楽。アップルミント味で爽やか。(3ヶ月分で1,600円)

・「ミラノール顆粒顆粒11%」は毎日使用タイプ、自分で溶かして使用、少し価格が安い。無香料タイプ。(3ヶ月分で1,300円)

という感じです。予防効果に関してはほとんど同等なので、使用感で使っていただいても問題ないです。ちなみに、ミラノール顆粒には週1回法ができるタイプもあるのですが、ブラッシングとフロッシングの頻度を考慮すると毎日法か週2回法を当薬局ではオススメしているため、週1回法ができるタイプは販売しておりません。

「ミラノール顆粒顆粒11%」を溶かすために使うボトルは、「ミラノール顆粒顆粒11%」を購入された方に毎回1本サービスさせていただきます。厳密には零売の扱いではありませんが、電子薬歴に記録、お薬手帳シール発行まで紐づけており、零売対応と同じく、薬剤師が対面でカウンセリング致します。ちなみに、濃度的には、ドラッグストアで売っている、第一類医薬品のフッ化洗口液と同等となりますが、価格は「ミラノール顆粒顆粒11%」のほうがはるかに安いです。また、第一類医薬品のフッ化洗口液は時期未定ですが、第三類医薬品に分類され、ドラッグストアでも普通に購入できる見通しが立っているみたいです。

フッ化洗口液だけでなく、歯間ブラシも薬局では扱っています。虫歯によって歯がなくなることはとても悲しいことです。「今日が一番歯が若い」をキーワードに、フッ化洗口液を使った虫歯予防にも取り組んでいただけるよう、薬局お茶の水ファーマシーはサポート致します。もちろん、ちょっとした病気や、花粉症、手荒れといったお悩みも薬剤師がカウンセリングした上でお薬販売することが可能ですので、来局、お電話、LINE@、質問箱等、どれでもご利用いただければ幸いです。

 


<Pharmacy Tips !>
#二日酔いのオトモ
漢方薬の五苓散(ごれいさん)は二日酔いに効果があります。飲む前後に1包ずつ服用すると、翌朝スッキリ目覚められます。