けんぽれんが「2022年危機に向けた健保連の提案・平成30年度健保組合決算見込み」を発表しました。

Pocket

本日2019年9月9日、けんぽれんが「2022年危機に向けた健保連の提案・平成30年度健保組合決算見込み」を発表しました。

プレスリリース → https://www.kenporen.com/press/

提言をまとめたPDF → https://www.kenporen.com/include/press/2019/201909093.pdf

医療負担の世代間アンバランスの是正のために、健保連が以前、市販類似薬の保険適応除外、花粉症のお薬の保険適応除外の提言をまとめていましたが、さらに強く提言しています。なかでも、後期高齢者の原則2割負担という点はかなり大きなインパクトを持ちます。単純に医療費が2倍になるのですから、慎重に議論しなければならない点です。今回は保険給付範囲をフランス式(重要度によって保険適応率が違う)を引き合いに出して、花粉症だけではなく、湿布、保湿剤、ビタミン剤も含めて提言しています。

とはいえ、患者自己負担が上がると、患者が自然治癒を選択してしまう(放置してしまう)データもあります。 → https://www.jstage.jst.go.jp/article/iken/22/2/22_139/_pdf/-char/ja

慢性疾患を放置してしまったがために、却って医療費が高騰してしまうこともありえます。医療費が高騰しない薬剤選択として、フォーミュラリの導入も検討されているようです。

薬局お茶の水ファーマシーは医療費削減、そして地域サービスとして、処方せんがなくても風邪、腰痛、胸焼け、肌荒れといった症状緩和に使われる医療用医薬品のご提案と販売を行っております。通販サイトやドラッグストアで何を買っていいのかよくわからないまま、これから国、けんぽれんからセルフメディケーションが推し進められます。そんなときに、オンラインでも、実店舗でも気軽に相談できる薬剤師と知り合いになっておくと、安心してお薬を服用、体調の管理ができるようになります。SNSのインフルエンサーが使っている、友達が使っている、でも実際どうなんだろう?そんなお悩みも、患者さんごとに解決したい内容によって、当然お薬の運用も違います。安全安心、病院と薬局に行くより早い、お薬代も控えめに、そんな使いやすい薬局を目指しておりますので、引き続きご利用いただけますと幸いです。

<Pharmacy Tips !>
#痛風発作も慢性腎臓病進行のリスク因子
18歳以上の痛風患者6万8897例(痛風罹患群)と年齢や性別等をマッチさせた55万4964例(対照群)とを、中央値で3.68年の追跡した結果、CKD進行のリスクは対照群と比較して痛風罹患群で、29%有意に上昇(HR 1.29、95%CI 1.23-1.35、P<0.001)したことがわかり、痛風発作は慢性腎臓病進行の独立した危険因子であることが明らかになりました。
BMJ Open. 2019 Aug 28;9(8):e031550. doi: 10.1136/bmjopen-2019-031550.