本日2019年9月25日は「World Pharmacists Day」です。

Pocket

本日2019年9月25日は「World Pharmacists Day」です。

世界薬剤師デーは2009年のFIP(国際薬剤師・薬学連合)の会議にて、健康増進に関する薬剤師の任務遂行を奨励するため制定されたそうです。

FIP(国際薬剤師・薬学連合)「World Pharmacists Day」 → https://www.fip.org/world-pharmacists-day

2019年のテーマは「Safe and effective medicines for all」です。医薬品を安全に、効果的に服用するために、投薬ミスや医薬品の不適切使用から守ることが薬剤師の重要な役割として促進されるよう、当薬局もお薬のお話に精を出してまいります。

ネットで調べたり、SNSで医療関係の専門家の先生から情報を得ることで、質のいい情報が手に入るようになってきました。質のいい情報をどのように使うかは情報を得た側の現実での関係性が重要なポイントです。現実では、医師、歯科医師、薬剤師とお薬の相談をすることになります。そして、医療従事者の関係性は質の担保、安全性の担保になりえます。不適切使用によって、副作用が起きることを防ぐために、我々薬剤師はいつでも電話相談や薬局によってはオンラインで相談を受け付けています。本当に思うこととして、お薬一つ一つにとっても、どういうときにどのように飲むか、気をつけるべき初期症状は何か、飲むとどういうことが起こるのかをしっかり話し合った上で、服用すると副作用リスクを軽減することができますので、ぜひかかりつけの薬剤師にご相談ください。

<Pharmacy Tips !>
#痛風発作も慢性腎臓病進行のリスク因子
18歳以上の痛風患者6万8897例(痛風罹患群)と年齢や性別等をマッチさせた55万4964例(対照群)とを、中央値で3.68年の追跡した結果、CKD進行のリスクは対照群と比較して痛風罹患群で、29%有意に上昇(HR 1.29、95%CI 1.23-1.35、P<0.001)したことがわかり、痛風発作は慢性腎臓病進行の独立した危険因子であることが明らかになりました。
BMJ Open. 2019 Aug 28;9(8):e031550. doi: 10.1136/bmjopen-2019-031550.