2019年10月からの消費税増に対する薬局お茶の水ファーマシーの対応について

Pocket

2019年10月より、消費税が上がりますね。増税前の買い煽りや、増税後の買い控えがあったり、世の中が大きく注目しています。

薬局お茶の水ファーマシーは処方せんを取り扱う保険調剤薬局に該当します。医療費は非課税なので、直接課税されるわけではありませんが、診療報酬、調剤報酬は管理に関わる費用、資材に対して消費税がかかっているため、増税分の補填として、医療費がわずかながら増加しています。医薬品の値段に関しては、毎年引き下げられる傾向にあり、消費税増税分を加味しても、全体を通してみれば値下がりしているため、窓口の支払いではさほど差を感じることは少ないかもしれません。

消費税増税に際して、軽減税率とキャッシュレス決済による消費者還元サービス、プレミアム商品券が大きな目玉となっておりまして、薬局お茶の水ファーマシーでの対応をこちらで解説いたします。

・軽減税率の対象は経口補水液のOS-1のみです。

・当薬局は「キャッシュレス・消費者還元事業」の補償対象外です。※保険調剤薬局を運営する事業者は対象外 → https://cashless.go.jp/

・プレミアム商品券 → 千代田区プレミアム商品券取り扱い店舗です。他区のプレミアム商品券はお取り扱いしていません。

・処方せん以外の医療用医薬品の販売に関して、消費税8% → 10%に増加されますが、薬の値段は全体で約3%値下げしたので、実質約1%値下げです。

ご不明点などがございましたら、窓口までお問い合わせくださいませ。

<Pharmacy Tips !> #抑え酒はダメだった 二日酔いの最中にアルコールを摂取しても、幸福感・満足感は改善されません。飲料が冷たいと頭痛が悪化するリスクもあることが報告されています。 Ugeskr Laeger.179(50):V69578,(2017) PMID:29260703