薬袋裏耳寄り情報「Pharmacy Tips!」を2019年10月~12月版に更新しました。

Pocket

※画像は夏用です。実際は10月~12月版が印刷されています。

薬袋裏耳寄り情報「Pharmacy Tips!」を2019年10月~12月版に更新しました。前回は夏バージョンだったので、熱中症対策の項目が20%くらい占めていましたが、今回は糖尿病、痛風発作、プロトンポンプ阻害薬、生活習慣、フッ化物洗口液の項目を加えています。

下記、「Pharmacy Tips!」2019年10月~12月版のお品書きです。近いうちにHPの「Pharmacy Tips!」もアップデートします。

#乳製品とお薬の関係

#エナジードリンク大量摂取にご用心

#桔梗湯(ききょうとう)の使い方

#痛風発作も慢性腎臓病進行のリスク因子

#悪玉コレステロールの治療薬の起源

#頓服は気持ち多めのお水で

#腎臓の点数「eGFR」

#ロキソニンの効き方

#お風呂上がりに保湿剤?

#悪玉コレステロールは75歳以上でも下げる意味がある

#痛み止めのオトモ

#ピロリ菌と医療費

#コレステロールの薬の飲み忘れ

#抑え酒はダメだった

#飲食店や職場の全面禁煙で血圧が低下

#フッ化物洗口液の濃度の違い

#生活習慣改善が大事

#PPIの長期使用のリスクを軽減するために

#ジャディアンスの近況データ


<Pharmacy Tips !>
#65歳以上のスタチン使用と全死亡率
高LDL血症でスタチンを服用している19518人高齢者(65歳以上)を10年間追跡した結果、全原因死亡率は、スタチン治療を順守していた人の方が、守れなかった人と比較して34%低かったことが明らかになりました。(ハザード比[HR] = .66; 95%信頼区間[CI] = .56-.79)。スタチンの遵守は、アテローム性動脈硬化性心血管疾患イベントの減少にも関連していました(HR = .80; 95%CI = .71-.81)。スタチン使用の利点は75歳以上の間でも減少せず、女性と男性の両方で明らかでした。
J Am Geriatr Soc. 2019;67(10):2038-2044.