【機能追加】LINE公式アカウント初回利用時に「初回問診票」の機能を追加しました。

Pocket

LINE公式アカウント初回利用時に「初回問診票」の機能を追加しました。(Google formを利用しています)

事前にお薬の副作用歴とアレルギー歴、併用薬をお伺いすることで、処方せん画像受付時に、飲み合わせが問題ないかどうかを確認することができます。飲み合わせが悪い場合について、事前に処方医に確認することで、より安全に薬の服用ができるようになります。

また、初回問診票のメリットは、事前受付の円滑化だけではありません。例えば、薬局に処方せんを持ち込んだときにはすでに病院の問い合わせ時間が過ぎてしまって回答は明日になる、というケースは夜間の調剤に頻発しています。午前中に処方せんをもらって、仕事帰りにお薬をもらうつもりでも、処方せんの内容に疑義(飲み合わせが悪い、薬の量がおかしい等)があるとお薬をお渡しできないことがあります。LINE公式アカウントを初めてご利用される方におかれましては、事前に初回問診票を記入していただけますと、かなりスムーズに対応できますので、ぜひご利用くださいませ。

 

 

<Pharmacy Tips !>
#痛風発作も慢性腎臓病進行のリスク因子
18歳以上の痛風患者6万8897例(痛風罹患群)と年齢や性別等をマッチさせた55万4964例(対照群)とを、中央値で3.68年の追跡した結果、CKD進行のリスクは対照群と比較して痛風罹患群で、29%有意に上昇(HR 1.29、95%CI 1.23-1.35、P<0.001)したことがわかり、痛風発作は慢性腎臓病進行の独立した危険因子であることが明らかになりました。
BMJ Open. 2019 Aug 28;9(8):e031550. doi: 10.1136/bmjopen-2019-031550.