2019年12月21日(土)は通常通り営業しています。

Pocket

2019年12月21日(土)は通常通り営業しています。

・2019年12月21日(土) 11:00~14:00、16:00~20:00(処方せんは2019年12月18日(水)からのものは対応できます)

明日2019年12月22日(日)はデジタルヘルス学会学術大会に終日参加するため、お休みさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

以下、学会の案内です。ご参照くださいませ。

12月22日(日曜日)にデジタルハリウッド大学にて「第3回デジタルヘルス学会学術大会」を開催します。

「デジタル」+「医療・健康」の分野で、今まで以上の革新を目指し、様々なサービスやプロダクトを発表推進して参りました。今年のテーマは「魔法から科学へ、科学から魔法へ」で、行動変容をメインテーマとして「デジタル」+「医療・健康」の分野での新たな知見を共有する会にしていきます。

ご興味がある方は、ぜひご参加ください。

日時:12月22日(日曜日)
場所:デジタルハリウッド大学(御茶ノ水駅徒歩1分)

● 10:30~11:00 開場

● 11:00〜12:00 基調講演 株式会社CureApp 佐竹 晃太
「医師が処方するアプリ:日本初のデジタル療法の創出に向けて」

● 12:00〜13:00 大会長講演 石井 洋介(秋葉原内科saveクリニック・日本うんこ学会会長)
「コミュニケーションデザインでもっと医療が豊かになる」

① 13:00〜14:00
・分科会A-1「無関心期」
市川 衛(メディカルジャーナリズム勉強会代表)
中山 裕次郎(消火器外科医)

・分科会B-1「ヘルスケアスタートアップ」
加藤浩晃(デジタルハリウッド大学院客員教授)
前田祐二郎(ジャパンバイオデザイン)

・分科会C-1「メンタルヘルス」
吉村 健佑(千葉大学医学部附属病院次世代医療構想センター特任教授)
Yoshua Kishi(HoloAsh.Inc)
中務 佐知子(株式会社フェイス)

② 14:15〜15:15
・分科会A-2「関心期&準備期の行動変容」
万野 智之・日比野 雅人(株式会社キャンサースキャン)
井上 祥(株式会社メディカルノート)

・分科会B-2「医療経営」
溝口 博重(株式会社AMI&I)
清水 大輔(株式会社日本医療企画)
高丸 慶(看護師)
五十嵐 建祐(デジタルハリウッド大学院選任准教授)
佐藤 創(株式会社メプラジャパン)

・分科会C-2「歯科3.0」
竹山 旭(株式会社NOVENINE)
木村 文彦(オールスマイルデンタルクリニック)
玉木 仁(デジタルハリウッド大学院)

③ 15:30〜16:30
・分科会A-3「実行期の行動変容」
瀬田 宏哉(ロコクリニック中目黒)
会津 研二 (アイキッズクリニック)
伊藤 俊一郎(MED AGRI CLINIC )

・分科会B-3「人工知能」
三澤 将史(昭和大学北部病院 講師)
島原 佑基(エルピクセル株式会社)

・分科会C-3「薬局」
片山 陸(薬局お茶の水ファーマシー)
吉田 聡(薬局なくすりーな )
高橋 秀和(あおば調剤薬局)

④ 16:45〜17:45

・分科会A-4「維持期の行動変容」
福原 慶匡(ヤオヨロズ株式会社)
長坂 剛(A10 Lab Inc.)

・分科会B-4「地域包括ケア」
鹿野 佑介(株式会社ウェルモ)
岩崎 翔太(株式会社終活ねっと)
南 中花子(エービーシーファミリー株式会社)

・分科会C-4「ソーシャルアクション」
柴田 綾子(淀川キリスト教病院)
三輪 綾子(産婦人科専門医)
的場 優介(産婦人科専門医)

● 18:00〜19:00 特別講演 藤井 直敬(株式会社ハコスコ・デジタルハリウッド大学院教授)
「あなたの脳をあやつるブレインテック「GoodBrain」の紹介」

● 19:00〜21:00 後夜祭

●常設展示「プレイフルヘルス展 ポスターセッション」

● 21:00 閉会挨拶 杉山知之(デジタルハリウッド大学学長)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001756.000000496.html

★お問い合わせ

公式ホームページ:https://digitalhealthlab.tokyo

昨年の様子

第2回デジタルヘルス学会学術大会開催概要→https://digitalhealthlab.tokyo/dhc2018


<Pharmacy Tips !>
#LDLを70未満に抑えると脳卒中の再発を減少させることができる。
虚血性脳卒中またはアテローム性動脈硬化の証拠を伴うTIAの後、1リットルあたり70 mg未満の目標LDLコレステロール値を有する患者は、1リットルあたり90 mgから110 mgの目標範囲を有する患者よりも、その後の心血管イベントのリスクが低かった。