【ご報告】2019年の零売による医療費削減累計額は約188万円でした。

Pocket

薬局お茶の水ファーマシーは処方箋に基づく保険調剤と処方箋以外の医療用医薬品の薬剤師対面販売(=零売)に取り組んでいる薬局です。去年の2月より始めた零売による医療費削減は2019年で1,882,610円となりました。風邪や花粉症、ちょっとした体調不良のフォローに当薬局をご利用いただき、ありがとうございます。昨年は試験的に運用しており、6月くらいから形になってきたと実感しております。8月から地域の方と周辺で働くビジネスパーソンに少しずつ認知され、街の薬局として一歩ずつ役割を担えるようになって参りました。

去年から兆しが見えてきましたが、今年は医療費削減に向けて、保険適応されるお薬の分類が変化していくようです。いざ大きく制度が変わったときに、一般用医薬品を自己責任で使うのか、信頼できる医療関係者と相談できるように関係性を築いておくのか、急に選択をしなければならないとした時、良き相談相手となれるよう、これからも精進してまいります。初めての方も、いつもご利用いただいている方も、どうぞ薬局お茶の水ファーマシーをよろしくお願いいたします。

<Pharmacy Tips !> #妊娠中のマクロライド系抗生物質処方は胎児への影響を与えるかもしれない 妊娠初期にマクロライド系抗生物質を処方すると、ペニシリン系抗生物質と比較して重大な奇形、特に心血管奇形のリスクが増加しました。妊娠中期におけるマクロライドの処方は、性器奇形のリスク増加と関連していました。 BMJ 2020;368:m331