2020年2月5日、スタチン薬または降圧薬を開始した後のライフスタイルの変化についての研究「Lifestyle Changes in Relation to Initiation of Antihypertensive and Lipid‐Lowering Medication: A Cohort Study」をまとめました。

Pocket

2020年2月5日、スタチン薬または降圧薬を開始した後のライフスタイルの変化についての研究「Lifestyle Changes in Relation to Initiation of Antihypertensive and Lipid‐Lowering Medication: A Cohort Study」をまとめました。

健康診断で血圧やコレステロールの数値を指摘されて、食事運動療法でも数値が下がらない場合に降圧剤やLDLコレステロールを下げるスタチン系の薬が処方されることがあります。降圧剤もスタチン系もしっかり結果を出している医薬品として、世界的に使用されており、心血管リスクを下げることで人々の健康に寄与しています。一方で、一度服用してそれで大丈夫という種類の薬ではなく、どちらかというと長期間に渡って付き合っていく相棒のような薬でもあり(結果が良ければもちろんサヨナラですが)、習慣化とモチベーションのコントロールが必要になってきます。

今回ご紹介する研究は、スタチン薬または降圧薬を開始した後のライフスタイルがどのように変化したのかを追跡したものです。

研究対象者は、基礎疾患に心血管疾患がなく、2000年から2013年に4年間隔で2回以上の連続した調査に回答した40歳以上の41225人の参加者でした。8837人の開始者と抗高血圧薬またはスタチンの46021人の非開始者の間で、BMI、身体活動、アルコール消費、喫煙の変化を比較しました。薬物使用を開始した参加者では、ボディマス指数がさらに増加し​​(変化の差0.19; 95%CI、0.16–0.22)、身体活動が低下しました(タスク時間/日の代謝当量が-0.09; 95%CI、-0.16〜-0.02 )。肥満になる可能性(オッズ比:1.82; 95%CI、1.63–2.03)も服用している方が高まってしまいます。ただし、薬物治療を開始すると、平均アルコール消費量の大幅な減少(-1.85 g /週; 95%CI、-3.67から-0.14)および禁煙率が高いことが明らかになりました(2回目の調査における現在の喫煙のオッズ比:0.74; 95 %CI、0.64〜0.85)。

薬物治療を開始すると、血圧やコレステロールの数値が下がりますが、運動や食生活に影響を及ぼしているというデータは今まで少なかったように捉えていますが、今回の結果は、薬物療法がライフスタイルの変化に一石を投じている結果になったことが明らかになりました。薬とお付き合いしながらも、食事と運動に関しても、今一度気の緩みがないか、しっかり確認しながら薬物療法に取り組めるよう、かかりつけの医師と薬剤師にご相談ください。

 

<Pharmacy Tips !> #エナジードリンクの摂り過ぎがもたらす影響 健康に問題のない若者34人を対象とした二重盲検クロスオーバー試験の結果、短時間にエナジードリンク約1000mlを摂取した後に心機能異常や血圧の上昇が見られたことが報告されています。 J Am Heart Assoc(2019; 8: e011318)