【ご報告】令和2年1月~3月の零売による医療費削減累計額は約89.5万円でした。

Pocket

薬局お茶の水ファーマシーは処方箋による保険調剤のほかに薬剤師の対面による非処方箋薬の提案と販売(=零売)を行っている薬局です。

3月は新型コロナウイルス感染対策にオンライン診療も開始されることもあり、病院からの処方に大きな動きがありました。当薬局でもFAXなどのオンラインによって処方箋を受け付け、オンライン診療の対応も行っておりますが、そもそも花粉症などは受診をせずに当薬局をご利用されるケースも増えたような印象があります。花粉症の患者さんと呼吸器科や耳鼻咽喉科の患者さんは動線が一緒であることもよくあるので、クリニックによっては感染性の症状だと時間帯を分けたり、動線を分けるような対応も取られています。もちろん、薬局でも対応できることがありますので、ぜひ薬剤師までご相談くださいませ。2020年4月からは零売対応医薬品の価格も全体で2.77%引き下げ、さらにご利用しやすくなりました。処方箋のお薬だけではなく、健康診断の数値の解説や、日々の健康相談まで承っております。引き続き当薬局をご利用いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

また、2020年4月1日より、当面、毎日営業しているかどうかをHP上でもお知らせいたします。当薬局は非常時においても、必要なお薬の供給のため、営業時間通りに営業いたします。

<Pharmacy Tips !> #飲食店や職場の全面禁煙で血圧が低下 バーやレストラン、職場など多くの人が集まる場所を全面禁煙とする「スモークフリー政策」が導入された地域の非喫煙者では、そうでない地域の非喫煙者と比べて収縮期血圧(SBP)値の低下が認められたことが報告されています。 J Am Heart Assoc(2018年11月21日オンライン版)