飛沫感染予防推進のため、カウンターにアクリル防護板を設置しました。

Pocket

2020年4月7日の緊急事態宣言によって、新型コロナウイルス感染拡大を社会的に防ぐ取り組みが急務となっています。薬局も大切なご利用者の方と家族をお守りするために、この度、お薬の説明カウンターにアクリル防護板を設置致しました。透明度が高すぎて擬態していますが、よく見るとアクリル防護板がちゃんとあります。

アクリル防護板の概要:縦110㎝×横180㎝

また、感染対策として、換気の徹底はもちろん、待合の椅子の配置を変えました。

廊下に待機用の椅子を配置しています。

待合スペースはご利用者の方が対面しないようにしています。

薬局お茶の水ファーマシーはお茶の水、神保町の夜間土日も営業している唯一の薬局のため、新型コロナウイルス感染対策を万全にすることで、しっかりお薬を供給する責務を果たす所存でございます。お薬の相談や販売の際、手洗いうがいなどの感染予防対策支援をご利用者の方に行うことや、薬局内の定期的な清掃、消毒、スタッフのうがい手洗いを徹底し、地域の薬局として、この緊急事態を乗り切るサポートに徹したいと思います。いつもと違う動線になってしまい、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 


<Pharmacy Tips !>
#ウイルス対策??
空間除菌を謳う低濃度二酸化塩素は、冬の日本の室内環境下(湿度30%以下)では、そのウイルス不活化効果をほとんど望めないです。 手洗いうがい、湿度の維持、咳・くしゃみエチケット、十分な睡眠とバランスの良い食事…といった基本的な感染症対策をちゃんと徹底しましょう。
日本環境感染学会誌.32(5):243-9,(2017) https://jstage.jst.go.jp/article/jsei/32/5/32_243/_article/-char/ja/…