「健康食品」の安全性・有効性情報HPで「新型コロナウイルス感染予防によいと話題になっている食品・素材について」が随時更新されています。

Pocket

「健康食品」の安全性・有効性情報HPで「新型コロナウイルス感染予防によいと話題になっている食品・素材について」が随時更新されています。 → https://hfnet.nibiohn.go.jp/notes/detail.php?no=2142

国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究部 健康食品情報研究室が運営している『「健康食品」の安全性・有効性情報』サイトは主にサプリメントや健康食品について、科学的な視点で公正に除法提供されています。今回は、その中でも、「新型コロナウイルス感染予防によいと話題になっている食品・素材について」が今の時期に有用なので、下記にご紹介したいと思います。

17. ラクトフェリン (200507) NEW
現時点においてインフルエンザに対する予防効果を検討した報告は見当たらないが、風邪と乳児の呼吸器感染症に対して予防効果があるとする報告がある。詳細はこちら

16. エキナセア (200501)
現時点においてインフルエンザに対する予防効果を検討した報告は見当たらないが、風邪や上気道感染症に対して予防効果があるとする報告と、予防効果がないとする報告の両方が存在している。詳細はこちら

15. セレン (200430)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果を検討した報告は見当たらない。

14. 亜鉛 (200428)
現時点においてインフルエンザに対する予防効果を検討した報告は見当たらないが、風邪や上気道感染症に対して予防効果があるとする報告と、予防効果がないとする報告の両方が存在している。詳細はこちら

13. 鉄 (200427)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果を検討した報告は見当たらない。

12. ビタミンA (200424)
現時点においてインフルエンザに対する予防効果を検討した報告は見当たらないが、呼吸器感染症の予防に効果がないとする報告がある。

11. ケイ素 (シリカ) (200423)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果を検討した報告は見当たらない。

10. プレバイオティクス (β-グルカン、オリゴ糖など) (200422)
現時点においてインフルエンザに対する予防効果を検討した報告は見当たらないが、風邪や上気道感染症に対して予防効果があるとする報告と、予防効果がないとする報告の両方が存在している。また、摂取する人の体調やプレバイオティクスの種類などにも依存すると考えられる。詳細はこちら

9. タンポポ茶 (200421)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果を検討した報告は見当たらない。

8. ビタミンC (200420)
現時点においてインフルエンザに対する予防効果を検討した報告は見当たらないが、風邪や上気道感染症に対する予防効果がないとする報告がある。詳細はこちら

7. ニンニク (200417)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果はないとする報告がある。

6. プロバイオティクス (乳酸菌・ビフィズス菌など) (200417)
現時点ではインフルエンザなどに対して効果があるとする結果と、効果がないとする結果の両方が存在している。また、摂取する菌株や体調により効果は異なるので注意が必要である。詳細はこちら

5. 水素水 (200416)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果を検討した報告は見当たらない。

4. マヌカハニー (200416)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果を検討した報告は見当たらない。

3. オリーブ葉エキス (200507更新) NEW
現時点においてインフルエンザに対する予防効果を検討した報告は見当たらないが、上気道感染症に対する予防効果がないとする報告がある。

2. 納豆 (200415)
現時点においてインフルエンザなどに対する予防効果を検討した報告は見当たらない。

1. ビタミンD (200226)
現時点ではインフルエンザなどに対して効果があるとする結果と、効果がないとする結果の両方が存在している。ただし、普段の食事で十分に摂取できている人がさらに摂取しても効果はないという報告がある。詳細はこちら

※「新型コロナウイルス感染予防によいと話題になっている食品・素材について」より引用しています → https://hfnet.nibiohn.go.jp/notes/detail.php?no=2142

文献上現在明らかになっていないことは「報告が見当たらない」とされていますが、現状でその報告があるとしている情報がある場合は、その報告をしっかり確認する必要があります。実際問題として、すべての報告に目を通すのが時間的にコストがかかるので、「健康食品」の安全性・有効性情報HPを確認してみることが一番早く、効果的です。明らかになっている報告がないにも関わらず、新型コロナウイルスやインフルエンザに効果があったと謳う健康食品やサプリメントには十分気をつけてほしいところです。普段の生活で必要な栄養素は摂れていることが多く(むしろ過剰なものもあります)、特定の栄養素やサプリメントを摂取することで劇的に効果があるということは現状では明らかになっていないので、もし上記の食品やサプリメントで気になることがございましたら、かかりつけの薬剤師に一度相談してみるのが良いでしょう。上記の食品やサプリメントを勧めてくるのであれば、その報告をしっかり解説してもらうこと、「健康食品」の安全性・有効性情報HPとの整合性についてしっかり解説してもらうことが大事です。

感染予防には3密を避ける、うがい手洗いをいつもより多めに行う、十分な換気が有効です。消毒用エタノールが手元にない場合は、ハンドソープやボディーソープ、シャンプーといった界面活性剤でも十分に消毒効果があります。ウイルスや細菌を構成するタンパク質は界面活性剤が有用です。手洗いはいつもより多めに行うように、引き続き心がけましょう。

 


<Pharmacy Tips !>
#頻繁に歯磨きすると糖尿病の発症リスクが下がる
頻繁に歯磨きをすることは糖尿病の新規発症を減少させる因子の可能性があり、歯周病の現病歴、喪失歯の本数の多さは糖尿病の新規発症を増加させる因子の可能性があり、口腔内衛生を改善することは糖尿病の新規発症リスクを減少させる可能性があります。
Chang, Y., Lee, J.S., Lee, K. et al. Improved oral hygiene is associated with decreased risk of new-onset diabetes: a nationwide population-based cohort study. Diabetologia (2020).