ジャディアンスの名称由来を調べてみました

Pocket

ジャディアンスは糖尿病の治療薬として使用されており、当薬局でも在庫しているお薬です。

今回はジャディアンスの販売名の名称由来をちょこっと紹介します。

【ジャディアンス錠】 → Ja(ポジティブ,ドイツ語の”Yes”)と Radiance(輝き)から 2 型糖尿病の患者さんに未来へのポジティブな輝きを与える薬剤として命名されました。

英語名はEMPAGLIFLOZINです。ジャディアンスは糖尿病の治療薬で、グルコースの再吸収を抑えることで,尿中へのグルコース排泄を促進し,血中のグルコース濃度を低下させます。1 日 1 回投与で、食事による影響をほとんど受けず、長時間効果が期待できるお薬です。

このお薬で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。


<Pharmacy Tips !>
#火薬工場から見つかった薬
19世紀中頃に、火薬工場の従業員たちに頭痛持ちが多いことを調べた結果、ニトログリセリンの血管拡張作用が原因でした。そこから、狭心症の発作治療薬としてニトログリセリンは使われています。