アジルバの名称由来を調べてみました

Pocket

アジルバ錠は高血圧の治療薬として使用されており、当薬局でも在庫しているお薬です。

今回はアジルバの販売名の名称由来をちょこっと紹介します。

【アジルバ錠】 → “Azilsartan is the most valuable ARB”を由来として命名されました。

ARBとはアンジオテンシン受容体拮抗薬(Angiotensin II Receptor Blocker)の略称のことです。

英語名はAZILSARTANです。アジルバは血管を収縮して血圧を上げる体内の物質であるアンジオテンシンIIの受容体に拮抗し、

末梢血管の抵抗を低下させて血圧を下げる薬です

1 日 1 回投与で、24時間にわたって持続した効果を示します。

このお薬で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。


<Pharmacy Tips !>
#頓服は気持ち多めのお水で
発熱時の解熱鎮痛剤のように、すぐに効いてほしいお薬は気持ち多めのお水で服用しましょう。胃腸管に接触するお薬の表面積が大きくなるために吸収が促進されます。ぬるま湯だと更に速く効きます。