リピトールの名称由来を調べてみました

Pocket

リピトール錠は高コレステロール血症の治療薬として使用されており、当薬局でも在庫しているお薬です。

今回はリピトールの販売名の名称由来をちょこっと紹介します。

【リピトール錠】 → 脂質 Lipid から命名されました。

英語名はATORVASTATINです。リピトールは肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、血液中のコレステロールを低下させます。

従来の 薬より強くコレステロールを低 下させることが可能で、総コレステロール及び LDL-コレステロールを用量依存的に低下させ、

優れたコレステロール低下作用を有する薬剤です。

1 日 1 回投与で、食事による影響をほとんど受けないお薬です。

このお薬で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。


<Pharmacy Tips !>
#ウイルス対策??
空間除菌を謳う低濃度二酸化塩素は、冬の日本の室内環境下(湿度30%以下)では、そのウイルス不活化効果をほとんど望めないです。 手洗いうがい、湿度の維持、咳・くしゃみエチケット、十分な睡眠とバランスの良い食事…といった基本的な感染症対策をちゃんと徹底しましょう。
日本環境感染学会誌.32(5):243-9,(2017) https://jstage.jst.go.jp/article/jsei/32/5/32_243/_article/-char/ja/…