2020/7/1、クリニック総合情報誌「クリニックばんぶう」2020年7月号Vol.472にて当薬局のコラムが掲載されました。

Pocket

2020/7/1、クリニック総合情報誌「クリニックばんぶう」2020年7月号Vol.472にて当薬局のコラムが掲載されました。目玉は特集「サバイバルクリニック」、コロナ後を見据えた地域別・診療科別生き残り戦略です。その中で、不要不急の医療の可視化についてお話しています。

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、医療機関や薬局の今までの体制を見直さざるを得ない状況になっています。不要不急に分類される医療が存在する中、その具体的な指標を推測するには、診療所における医療供給体制のほかに、薬局やドラッグストアでの医療供給体制もあわせて考えてみると、何が必要火急であり、何が不要不急であるのか、そのアウトラインが見えてきました。指標を推測するにあたって、当薬局では、処方箋がなくても病院の医薬品(非処方箋薬)を薬剤師が対面販売できる、零売(れいばい)という取り組みを去年から開始していますが、その年間データと照らし合わせ、ビフォーコロナ、アフターコロナの不要不急の医療の可視化を試みました。→ 去年と今年の当薬局の零売データをもとに、コロナ禍に関する医療受診の不要不急ラインを可視化してみました。

結論として、新型コロナウイルス感染症がもたらした不要不急の医療という提供レイヤーは、診療所、薬局、ドラッグストアなどが競合するため、診療所の経営戦略として、必要火急の医療提供に徹する、すなわち専門化によって、競合域から抜け出すことも一つの手段ではないかということをお話しています。詳しくは「クリニックばんぶう」2020年7月号をご覧ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4864399476
http://www.jmp.co.jp/bamboo/new

また、当薬局近くで開業されている「お茶の水循環器内科」の五十嵐健祐(いがらし けんすけ)理事長も「クリニックばんぶう」2020年7月号にて、易経研究家の竹村亞希子さんとの対談記事が掲載されています。易経は読むまでは、占いの本と思っていたのですが、読めば読むほど、先人の知恵と体験を落とし込んだ、人生の羅針盤として活用できる中国の古書でした。易経研究家の竹村亞希子さんの本は易経初学者にもわかりやすい本として、定評があります。当薬局にも竹村亞希子さんの著書を蔵書しておりますので、ご興味のある方は薬局長までどうぞ。


<Pharmacy Tips !>
#桔梗湯(ききょうとう)の使い方
喉の調子が悪いときに使われる漢方薬の桔梗湯は、お湯に溶かしたものを冷まして、うがいすることで効果が出ます。うがいで使うため、副作用が殆ど出ないことも利点です。