【告知】令和2年9月12日(土)、技術に会えるオンラインイベント「技術書典9」に「ビジネスパーソンのためのセルフメディケーション指南書」を出展します。

Pocket

令和2年9月12日(土)、技術に会えるオンラインイベント「技術書典9」に「ビジネスパーソンのためのセルフメディケーション指南書」を出展します。

技術書典とは、新しい技術に出会えるお祭りです。 → https://techbookfest.org/event/tbf09

技術書典は、いろんな技術の普及を手伝いたいとの想いではじまりました。 技術書を中心として出展者はノウハウを詰め込み、来場者はこの場にしかないおもしろい技術書をさがし求める、技術に関わる人のための場として『技術書典』が開催されています。例年、技術同人誌の即売会を開催されていたのですが、今回は新型コロナウイルス感染症予防対策として、オンライン開催されます。令和2年9月12日(土)から令和2年9月22日(火)まで開催されます。当薬局では、物理本と電子書籍の2種類を出展する予定です。

「ビジネスパーソンのためのセルフメディケーション指南書」は当薬局で発信し続けてきた薬局零売、市販薬、処方箋薬や健康診、薬のトリビアなど、薬を使う上での技術を書いた本です。上記の画像はその原稿で、目次や表紙のチラ見せです。薬局長が日頃窓口で話している内容がそのまま書かれています。零売について書かれた書籍が見当たらないので、この度、技術同人誌として作ってみようと企画しました。薬局の常連さんに手伝ってもらいながら、現在鋭意作成中です。今回は技術同人誌ということで、それっぽく、イラストレーターの東西さんにもご協力いただき、表紙絵を描いていただきました。

コンセプトは、「ビジネスパーソンを薬局薬剤師が全力でフォロー」です。薬局薬剤師ができることを詰め込んでいます。薬局をもっと効果的に利用できるようになるので、興味のある方は技術書典9の開催まで今しばらくお待ちくださいませ。


<Pharmacy Tips !>
#悪玉コレステロールの治療薬の起源
抗生物質のペニシリンと同じく、カビから発見されました。京都の米屋の籾殻から採取し、分離したコンパクチン(メバスタチン)という成分が現在のスタチン系医薬品の起源で、1976年に命名されました。