レニベースの名称由来を調べてみました。

Pocket

レニベース錠は高血圧、慢性心不全の治療薬として使用されており、

当薬局でも在庫しているお薬です。

今回のレニベースの販売名の名称由来をちょこっと紹介します。

【レニベース錠】 → レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系において

アンジオテンシン変換酵素(ACE) を阻害して降圧作用を示すことより、

Renin(レニン)の RENI、Vasodilation(血管拡張)の V、 Angiotensin Converting Enzyme の ACE を合わせて RENIVACEと命名されました。

レニン-アンジオテンシン‐アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System;RAAS)とは血圧上昇のメカニズムのことです。

英語名は ENALAPRIL MALEATE です。

レニベースはアンジオテンシン変換酵素の阻害により、昇圧物質アンジオテンシンIIの生成を抑えて

血圧を下げ、また末梢血管抵抗を減少させ、血行動態を改善して心拍出量を増し、

心肥大を改善します。

このお薬で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

<Pharmacy Tips !> #食肉への課税で死亡率9%、医療費14%減 赤身肉と加工肉に対し健康税を導入することで、世界で年間22万人以上の死亡を抑制し、400億ドルの医療費を節約できる可能性があることが報告されています。 PLoS One 2018; 13: e0204139