レニベースの名称由来を調べてみました。

Pocket

レニベース錠は高血圧、慢性心不全の治療薬として使用されており、

当薬局でも在庫しているお薬です。

今回のレニベースの販売名の名称由来をちょこっと紹介します。

【レニベース錠】 → レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系において

アンジオテンシン変換酵素(ACE) を阻害して降圧作用を示すことより、

Renin(レニン)の RENI、Vasodilation(血管拡張)の V、 Angiotensin Converting Enzyme の ACE を合わせて RENIVACEと命名されました。

レニン-アンジオテンシン‐アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System;RAAS)とは血圧上昇のメカニズムのことです。

英語名は ENALAPRIL MALEATE です。

レニベースはアンジオテンシン変換酵素の阻害により、昇圧物質アンジオテンシンIIの生成を抑えて

血圧を下げ、また末梢血管抵抗を減少させ、血行動態を改善して心拍出量を増し、

心肥大を改善します。

このお薬で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

<Pharmacy Tips !> #飲食店や職場の全面禁煙で血圧が低下 バーやレストラン、職場など多くの人が集まる場所を全面禁煙とする「スモークフリー政策」が導入された地域の非喫煙者では、そうでない地域の非喫煙者と比べて収縮期血圧(SBP)値の低下が認められたことが報告されています。 J Am Heart Assoc(2018年11月21日オンライン版)